芸術色彩研究会

芸術色彩研究会からのお知らせと記録 | 公式ウェブサイトgeishikiken.info |
色彩と質感の地理学−日本と画材をめぐって (1)

pigment

 

トークイベント

「色彩と質感の地理学 −日本と画材をめぐって−」

 

日本の画材の魅力とは?

環境と知覚に基づいた、芸術と文化における色彩と質感の問題をさまざまな角度から考察します。

 

日時

2017年4月29日(土)14:00〜16:00
場所

画材ラボPIGMENT(東京都品川区東品川2-5-5 TERRADA Harbor Oneビル 1F)
企画

中村 ケンゴ
主催

PIGMENT

登壇者
中村 ケンゴ(美術家)× 三木 学(文筆家、編集者、色彩研究者、ソフトウェアプランナー他)× 岩泉 慧(PIGMENTラボ所長、画材エキスパート、京都造形芸術大学 講師、美術家)


はじめに

 絵画は色彩だけではなく、質感も視覚心理に働きかける重要な要素です。特に日本は、西洋圏に比べて質感に関する感性が豊かな文化だと言われています。PIGMENT(ピグモン)の壁面に色鮮やかに並べられた主に日本画で使われている顔料は、もともと鉱物が原料になっています。そのため「岩絵具」と言われており、光輝性を持った独特な質感があります。こうした岩絵具をはじめ、和紙などの日本で使われてきた画材の魅力とは何でしょうか? そして現代芸術においてどのような価値があるのでしょうか?
 
 美術大学や国内の美術業界における「日本画」の議論では、その特性について国際的な価値を説明するのが困難になっています。一方で、ニュートンから始まる近代の色彩理論だけでも、各地域で異なる色彩感覚や質感、配色体系についてすべてを論じることはできません。わたしたちは、環境、知覚、認知、言語の絶え間ないフィードバッグによって文化圏特有の「色彩感覚」「質感感覚」を醸成しており、画材にもそれは息づいています。
 
 今回のトークイベントでは、企画者の中村ケンゴを聞き手に、ソフト開発、デジタル技術を駆使しながらその謎に迫る色彩研究者、三木学を迎え、PIGMENTラボ所長であり、画材エキスパート岩泉慧の知見を仰ぎながら、文化を国境線で区切ることなく、地理的、風土的な意味での日本の画材に潜む色彩・質感感覚について考えます。また、美術の問題だけにとどまらず、近年の認知科学の発展に伴う自動車、化粧品、ファッションまでを射程に入れた色彩・質感研究の現在にも迫ります。素材と感性、両面からの普遍的な議論を通して、日本の画材を狭義の「日本画」から解放してこそ、その魅力を世界に向けて伝えることができるのではないでしょうか。


目次

 

 

 

登壇者の紹介/中村ケンゴによる問題提起 →|

 

| <トークイベント1>色彩と質感の地理学−日本と画材をめぐって |


■芸術色彩研究会ウェブサイト
■カテゴリー
■トークイベント「色彩と質感の地理学−日本と画材をめぐって−」
■芸術色彩研究会とは
芸術色彩研究会(芸色研)は、芸術における色彩に関する研究を行い、色彩から芸術やその奥にある感覚や認知、感性を読み解き、実践的な創作や批評に活かすことを目指します。ここで指す色彩は、顔料や染料、あるいはコンピュータなどの色材や画材だけではなく、脳における色彩情報処理、また素材を把握し、質感をもたらす要素としての色彩、あるいは気象条件や照明など、認知と感性に大きな影響を及ぼす色彩環境を含むものであり、芸術史を感覚史的に読み直すことでもある。創造行為としての芸術は、環境と脳を含む身体の不断のフィードバッグの成果であり、芸術色彩研究会(芸色研)では、その情報交換を読み解く鍵として色彩を位置付けていく。
http://geishikiken.info

links